MS-Japan

matching to innovation MS-Japanのチャレンジにあなたの未来がある

採用に関するお問い合わせ

トップ > 先輩社員による座談会 > MS-Japanで実感できる成長

企業情報

  • 代表挨拶
  • 会社情報・沿革
  • 事業内容
  • コーポレートアイデンティティ

MS-Japanを知る

  • 社風・各種制度
  • オフィス紹介

社員紹介

  • 先輩社員による座談会

採用について

  • 新卒採用

2018年新卒採用についてはこちら

  • キャリア採用

先輩社員による座談会 社員紹介

立場や職務内容、入社経緯の異なる先輩社員たちがそれぞれ考えるMS-Japanという会社や働き方について座談会形式でのインタビューを掲載しています。

02MS-Japanで実感できる成長

自己紹介

中園 取締役 JSJ事業部長
2003年早稲田大学大学院修了後、株式会社MS-Japanに新卒で入社。東京J-unit(監査法人・会計事務所・法律事務所担当unit)の立ち上げに参画し、入社5年目よりマネージャーとしてunitを牽引。2013年よりMS-Japanの取締役に就任。複数部署のマネジメントを手掛ける。

松下 東京Cグループ チーフリクルーティングアドバイザー
2006年横浜市立大学卒業後、株式会社MS-Japanに新卒で入社。一般事業会社を担当する東京Cグループのリクルーティングアドバイザーとして活躍中。

今井 東京Cグループ ユニットマネージャー
2008年明星大学卒業後、株式会社MS-Japanに新卒で入社。東京Cグループのリクルーティングアドバイザーとして実績をあげながら、ユニットマネージャーとしてもメンバーを牽引する。

― 入社理由を聞かせてください。

>中園

私はもともと新卒で人材ビジネスに興味があったのですが、中でもクライアントや求職者の人生に大きなインパクトを与えられる人材紹介ビジネスを第一志望にして、就職活動をしていました。
その中で当社に入社を決めた理由は、会計事務所などとのネットワークを通じた「プル型の営業」ができるという独自のビジネスモデルに魅力を感じたことと、社員の志の高さや、また「想い」を大切にする経営姿勢に強く共感したからです。

>松下

私はイギリスに留学していた際、日本の良さを改めて痛感し、日本のために働きたいという思いで就職活動をしていました。商社や海運業などを中心に受けていましたが、その中で当社と出会いました。もともと人材紹介というビジネスすらも知らなかったのですが、「感性豊かな日本という国から発信するビジネスをグローバルに広げたい」という当社のビジョンに心を動かされ、是非ともそれを共に成し遂げたいという思いで、入社を決めました。

>今井
私は「短期で成長していくことのできる環境で仕事がしたい」という思いを持ちながら就職活動をしていました。
様々な業界を見ることのできる仕事ということで人材紹介業に興味を持ちましたが、当社は人材紹介だけでなく、様々な切り口から顧客と接することができるという点で、「真の顧客サービス」に直結しているということが分かり、とてもやりがいを感じました。また、「若いうちから様々な仕事を任せてもらえる」という話をもらい、求めている環境に非常に近いという実感を得たため、入社を決めました。

仕事をしていてやりがいを感じることはどんなことですか?

>中園
大きく二つのやりがいがあります。まず一つ目は、会社作りができるという点です。
入社したばかりの時は、会社作りという大きな視点などは無く、日々の営業活動に必死でした。うまくいかないことも多く、悔しい思いをたくさんしながら、がむしゃらに仕事をしていました。そうしているうちに、気づいたら色々なところから、思った以上に期待されるようになってきたんです。
例えばクライアント企業の社長から「こんな会社、組織を作りたい。だから中園くんの力を貸してほしい」と言われたこともありました。ただの採用支援では無く、経営のパートナーになっていたんですね。とにかく頑張ってクライアントの期待に応え続けることで、さらに大きな期待をかけてもらえる。この繰り返しで、自分自身のやりがいも、どんどん大きくなってきました。 また社内でも、実績を評価され、新卒採用のリクルーターに選出されたり、マネージャーとしてユニットを持たせて頂けるようになったり、徐々に会社作りに携われる立場なってきました。 仕事をして信頼を得て、それでまた新しい仕事と出会って。その繰り返しで、結果的にクライアント企業の会社作り、MS-Japanの会社作りができるようになっていたんですね。

二つ目は、日本経済を影で動かしているという実感が持てることです。
例えばIPO(新規株式公開)。我々はクライアント企業がIPOを目指し始めたときから、それに向けた組織作りを手伝います。そしてその組織がうまく機能して、IPOを達成したときには、ニュースや新聞など世の中を騒がせますが、我々はそのニュースが世間に知れるずっと前からその情報を握っていましたし、また我々がうまく介在しなければこのニュースさえ生まれなかった可能性があります。経営や管理部門に特化した当社の仕事でなければ得られない実感ではないかと思います。

>松下

常に新しいインプットがあり、自分の意志で仕事を創っていけるフィールドがあることです。リクルーティングアドバイザーという仕事は日々新たな世界との出会いで溢れています。営業活動を通して、私が知らなかったビジネスや世の中になかったサービスを展開している数々の企業に出会い、経営者の方にお会いしてその背景にある想いや情熱を直接伺うことができました。そういった経験は自分の成長やビジネスマインドというところにも大きく影響していますし、当然転職支援のアドバイスをする中で求職者の方にも還元できていると思います。自分のご紹介した方がその企業で成長されて、昇進して頑張っていらっしゃるという話を耳にするのは何より嬉しいですね。

また、仕事の仕方という点では、自分自身でどんどん仕事を創っていける風土は当社ならではの面白さではないでしょうか。弊社にはリクルーティングアドバイザー・キャリアアドバイザー・新規事業担当など様々なポジションがありますが、どのような立場でも自分次第でいくらでも仕事の幅を広げることができます。その分待ちの姿勢で仕事がしたい方には合わないかもしれません。成長意欲や好奇心が強く、志を持った同志だからこそ、みんな活き活き働いているのだと思います。

>今井
私が感じるやりがいは、年齢や社会人年数関係なく、クライアントを動かして仕事ができるというところです。
当社の仕事は細分化されていないので、入社1年目から様々な業界をみて、たくさんの企業の課題やビジョンに触れてきました。管理部門特化の人材紹介をしている当社では、その課題やビジョンの深いところまで理解をして、顧客に提案していかなければいけません。そんな仕事を通して身につけたノウハウは、今はどんな企業の課題に対しても、しっかりと解決策を提案できるまでになってきました。
クライアント企業の人事、あるいは経営者さえも気づいていない課題やニーズを顕在化させ、自分の提案でクライアントの組織を動かせた時はとても気持ちよく、達成感を感じます。ときには自分の両親よりも年上の方々に対して、私のノウハウを伝え、会社作りのパートナーとして認められることもあり、そのやりがいは大きいですね。

また、日本でいま大きな課題となっている会計士や弁護士の就職問題に対して、当社の仕事を通じて貢献することができています。そんな規模の大きなプロジェクトにも力を発揮できるということも、やりがいの一つです。

― 当社に入社をしてどんな成長を実感できていますか?

>中園
物を売る仕事では無く、形の無いものを成立させるビジネスだから、ビジネスセンスそのものが研ぎ澄まされる仕事だと思っています。
話す、聞く、書く、行動するなどのビジネスの基礎力は当然必要ですが、それだけでは当社の仕事はできません。お金の流れや、どうやってビジネスが成立しているのかという知識も求められるのです。
今までたくさんの企業の経営課題に触れてきましたので、今ではどんな業界や会社でも、瞬時に収益構造が分かるようになってきました。
クライアントはもちろんですが、プライベートで同級生などと話をするときでも、仕事を通じて身に付けた知識や能力に対して驚かれたり頼られたりすることが多くあり、当社ならではの自身の成長を実感できます。

>松下
私は入社して10年が経ちますが、本当に一人の人間として成長できる仕事だと思います。求職者の方は一人一人それぞれの悩みや希望があって、どのような選択がその方にとって最善なのか、正直今でも悩みます。常に求職者の方の人生やクライアント企業の未来に真剣に向き合う仕事だからこそ仕事観や生きる上で大切なことについても日々考えさせられますし、私自身の人間としての深みも増したと思います。ただ、転職支援という仕事においては最終的に決断をするのは求職者の方自身ですから、プロのコンサルタントとして主観ではなく客観での情報提供をしますし、論理的なアドバイスを心がけています。当社では入社1年目から会計士や弁護士、企業の経営者といった方々と対等に仕事をすることができます。私もこのような経験を積んで、客観性や論理性を磨き、相手にものを伝え、人を動かしていく力を身に着けることができたと感じます。

>今井

私は環境のせいにするのではなく「自分に矢印を向けられるようになった」、というマインド面の成長を実感しています。
先ほど松下が言っていたように、当社の仕事は自分でつくっていくもの。だから壁にぶつかって悩んでいても、自分でしか解決できないことが多くあります。もちろん、上司や先輩からアドバイスをもらうこともありますが、そのアドバイスを踏まえて、まずは自分が行動しなければならないのです。
考えていても始まらない。「まずはやってみて」という気持ちで即行動に移せるようになったのは、大きな成長に感じています。

― 最後に就活生に一言メッセージをお願いします。

>松下
人が本当に好きな方、ビジネスに興味がある方、とにかくいろんな世界を見てみたいという好奇心旺盛な方、当社のリクルーティングアドバイザーは沢山の出会いがあり、多くの刺激を受ける仕事です。納得のいく就職活動をし、ご自身の夢や希望を実現させる場を見つけてください。

>今井
どんな会社でどんな仕事をするのか、それは人生に本当に大きな影響を与える決断です。就活はいろいろな会社を見られる機会なので、それを存分に生かし、自分の気持ちに正直に会社を選んでください。そこで当社を選んで頂ければ嬉しいと思っています。

>中園

どうしたら成功するのか。どんな人生を歩めば正解なのか。今は悩んだら何でもネットに答えが書いてある時代です。でもそんな短絡的な人生観で幸せになれるのでしょうか。 今まで一般的に勝ち組と言われていた大企業に就職しても、リーマンショックや大震災など、様々な要因で一生安泰では無くなりました。つまり、今は「模範回答」がない時代なのです。その瞬間その瞬間を全力で生きて、死ぬ時に初めて正解だったかどうかが分かるのではないでしょうか。未来を不安に思い、後ろ向きに生きていくこと程不幸なことはないと思います。今生きているこの瞬間を全力で走れる会社にいることが幸せだと、私は思います。
縁があって当社に入社した方。自分が選んだ会社に誇りを持ち、そして誇りを持てる会社に自分の手でしていきましょう。そんな仕事を一緒にしましょう。

  • MS-Japanは他社とここが違う
  • MS-Japanで実感できる成長
  • MS-Japanのキャリアパス
  • MS-Japanで活躍する女性コンサルタント
↑ページの先頭へ
株式会社MS-Japan Copyright (C)2008 Matching Service Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.